記事一覧

為替の世界??

アップロードファイル 42-1.jpg

 為替の世界は不思議な世界? 個人では、どうにもこうにも予測が不可能である。。。??、しかし、金融でご飯を食べようと思う人たちも人間であり、(最近は、人工知能が為替の世界で活躍しているみたいですが???)
 先進国が超低金利の時代において、膨大に膨れ上がったお金(紙くず)をやはり、金利の高い国に移動したくなるものですよね。。?? 
 しかし、危なくなったら逃げたいのは、心情ですよね。 金融会社はリスクの解消方法として、第三者に販売する手法に、せっせと考えているが、どうにもこうにもならない感じですかね???
 ※やはり、わからない物には、投資はしない、、ことが当たり前ですね。。。計算できない物には、投資はしないことですね。。。

 ※誰かが、アメリカの選挙後は、アメリカは不景気になるらしい。。。と言っていましたから、そうなるかも知れませんね??

何ごとも、古からの”教えに”従おう!!

アップロードファイル 41-1.jpg

 投資で儲け続けるのは難しい??ゼロサムゲームであることは、多くの人が周知のことである。
 短期的な成功に乗って、次へ、次へと進んでも最終的には、「プラスマイナス=ゼロ」の結果に至ることも多々である。。。
 そのようなことから、脱するためには、やはり”古の教え”に従うことですね。。。
 本日の格言、『天井三日、底百日』、世界中を見渡すと、問題ばかり、その中で、安全パイは?
1)日本のみではないでしょうか?
2)中国リスクから100日経過?
以上から、年末まで、日本への再投資が望ましいかな???
あとは、天井は、腹八分で!!

神頼みか?<自助努力か?

アップロードファイル 40-1.jpg

投資は、夏休み?長期休暇に入りそうですね?
経済成長も休憩中ですかな?
最近、実物経済と金融経済について、書いてある著書をよみましたら、自分なりの解釈では、経済成長は、「実物経済=製造業」みたいな感じで、その後、経済成長の先に賃金高騰により、競争力の低下が発生、「工場が新しい生産コストの低い地域へ移動」による産業の空洞化??、その先に、「金融経済」へたどる方向へ移行するとのことです。。。。金融経済=株、投資、債権=ペーパー産業かな??=実態は伴いませんが、、、、その先には、バブル崩壊、、その先に、金融緩和、、、その先は、不明かな。。。

このシナリオを国別に順番整理すると、英国→欧州(南米)→米国→日本→中国(中東)→(東南アジア)→インド→(アフリカ?)???その先は、不明です。。。
 今、どの辺まで来ているのでしょうか?

なお、短期間で高成長すると、短期間に終焉を迎えるらしい。。。
金融経済の後は、どこへ向かうかは不明です???

休憩タイム?

アップロードファイル 39-1.jpg

 久しぶりに、東日本は、梅雨入りですね。。昨年は、空梅雨だったような記憶がありますが、投資熱にいい感じの「熱冷まし」になりそうですね。。
 ギリシャも破綻しているのに、EUのシステムは、昔のローマ帝国時代への回帰できるのでしょうかね?
 最終的には、いづれ破綻するでしょうけど。。。
 価値観、民族、宗教の垣根を越えたスタイルへ向かうには、同一の価値観を形成しないといけませんが、市場原理主義の資本主義では、難しいのかもね・・・勝ち負けが必要だし、、、働かずして、衣食住を謳歌できるのは、日本でいえば、生活保護みたいな感じじゃありませんか??
 お金がないのに、どうすればいいのか不明ですね。。。だから、どうにもならないでしょう。。。
 ギリシャを助けないと、中東からの武力勢力が、町を席巻する可能性もあるしね。。。んん、難しいね。。やはり、もう一度、破綻したほうがいいね。。ドラクマ回帰がベストでしょう! ついでに、中国ももう終焉でしょうか?

インフレ政策+官制相場の始まり??

アップロードファイル 38-2.jpg

 日経平均は、3万円を目指すか? 不動産証券にみる官制相場の市場介入政策?
 欧米各国もふくめ、リーマンショックから、官制相場による景気の拡大を継続中?
 今後も継続せざる追えないでしょう・・・そう思うと・・3万円を目指すように思います。。
 不動産投資信託:リート同様に資産デフレ解消のインフレ政策なので、東京の地価上昇→日経平均3万円コース!!

※金利の上昇は??半世紀はないでしょう?

日経以外は、利益確定で、、、いいでしょう!

※米国の金利引き上げが、ピークアウトの引き金か??

ベトナム?

アップロードファイル 37-1.jpgアップロードファイル 37-2.jpgアップロードファイル 37-3.jpgアップロードファイル 37-4.jpg

 ベトナムに、都合で行ってきました。
乾季のシーズンで、意外と湿気がなく良かったです。
ホーチミンです。
夕方、成田発で、現地に午前0時ごろ到着、日本時間で午前2時ごろです。。。旧正月シーズンで、出迎えの群衆がすごかったですね。熱気がむんむんでしたね。。。さて、経済状況は、リーンショックの後遺症がのこっているとのことですが、世界の工場としてポテンシャルがありましたね。。。識字率が高いので、人、もの、金=投資によって、タイまでの発展はあるでしょう。。。投資先としての可能性はありますね。急激な発展は、ないが、ぼちぼちの発展になるでしょう。。。。イオンモールが、2つ出来てました!

ブーム、市場の変化、シェールガスショック?

マネーゲームは、ブームの演出なのでしょうか。原油や為替はわかりませんね。価格の本質がマネーゲーム以外の何が原因なのか全くわかりません。。。。。ブームの終焉、時代の変化なのかも知れません。。。いろいろ考えるとつまらないので、本質のみで勝負ですね。。。投資資金は、昨年末で引き上げですから、これからが、投資の再出発ですね。。。一年かけてゆっくり、投資先を選定して、継続投資をすることとします。。。シェールガスショックが終わるころには、新しいエネルギー革命が起こっていることでしょう。。。時代は変わりますね。。。

そろそろ来るかな? バブル崩壊? 原油・金からも引き上げ開始⇒最後は、株式でしょう。

最近のバブルは、怖いですね。。。
経済がいいのか、悪いのかわかりません。。
ただ、良くないのは、わかります。。肌で感じますので、、、
中国もいまいちそうだし、EU圏もいまいちだし、本当にアメリカは、いいのだろうか????
この前、アメリカに行ってきましたが、良く分かりませんでした。。。
 ただ、観光地だったので、人はいっぱいいたから、いいかもしれませんね。。。昔より、、、
 頭のいい人たちは、いろいろ考えているから、まだまだ、大丈夫じゃないかな???
 原油も下がったけど、金も下がった、日本円も大きく下がった、、良く分からないくらい下がったね。。。
 ファンドがお金を引く時のスピードは、速いね・・・・株式が、次のターゲットのなるのは必然的のように思いませんか。。。利益確定が普通のシナリオでしょう。。。

頭脳と経済

経済は、よく循環だといいますが、どこかの本に面白いことが、書いてあったので、ご紹介します。。。。経済は、循環し、『最終的に良くなったり、悪くなったり。』循環しますが、だれでも知っている理論ですが、それよりも、もっと大切なのが、頭脳経済である。。。頭がいい。学力がある、経験値・知識の向上が、最終的に、国家経済の向上に導くものであり、小手先の金融政策は、衰退していく経済のちょっとした、『モルヒネ』みたいのものである。最終的には、頭脳集団・優秀な企業集団により、優劣ができるのが小さくなったグローバール経済のなれの果てと思われる。。。。やっぱり、最後は、頭脳勝負になるのでしょう。。。企業も国家も優秀な人がいるかどうかで決まるってことですね。。。。頭脳流出は、結果的に敗北に、、ゆとりは、『衰退のなれの果て』ってことでしょう。。。

市場はどこに向かうのか?

先日、韓国にはじめて行ってきました。メディアで見ているような、アンチジャパンは、あまり見られなかったが、多くの方が、『日本みたいな国になればいいのにな―』って感じでしたね。。。これからの若者はどうかわかりませんが、、、経済は、いまいちって感じで、ちょっと厳しい感じが「ありあり」でしたね。。金持ちの「カンナム」エリアも「閑古鳥」でダメダメでした。。。
格差社会の有様を見せられてしまった。。日本の地方にもシャッター通りがありますが、ちょっとそれとは違う原因がありましたね。。
見たくれは立派、中身は3流。これを解消できるかは、微妙である。
なんとなく、他の諸外国同様、ダメそうでしたが、金持ちの世界は、別の世界って感じもありましたね。 日本も何れそこに向かうのかな。。
これからの投資先は、韓国、中国以外ですね。。どこか分からない時は、時間稼ぎに『積立投資の分散』がお勧めです。。残念ながら美男・美女はいませんでした。

ページ移動